FC2ブログ

に、逃げるわけじゃないよ!

2014年04月28日
たった今、ドライヤーがお亡くなりになりました。
あんまりにも私の心が荒みきってるので、その負のパワーを食らっちゃったのかな?
今まで私の愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない無造作ヘアーに付き合ってくれてありがとう・・・。


そんなわけで、ちょっくら今話題のパワースポットに行って癒され来ようかと思いますので、ブログの方もちょっとだけお休みします。
せっかくなんでその間BBSとかご活用いただければと思います(´∀`)ノ
もちろん出先でも拍手コメントはしっかり読まさせていただきますので、よろしくお願いします!!



>>拍手お返事
Read more "に、逃げるわけじゃないよ!"
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

Don't kiss me baby

2014年04月27日
口臭なんて気にせずにニンニクたっぷりの料理を食べられる、この喜び。


天まで届け、コノヤロウ。




あと、この動画がカワイ過ぎたのでご紹介(´∀`*)

【ニコニコ動画】ナッツを隠そうとするリス





>>拍手お返事
Read more "Don't kiss me baby"
動画あり | Comments(0) | Trackback(0)

TOP絵変更

2014年04月26日
ふう。
これで紅葉が始まるくらいまでは大丈夫だろう(確信)

というわけで、TOP絵を変更してみました。
イラストはFFのアキで、中学生くらいをイメージしてみました(´ω`)
しかしホント、イラストとかデザインとか才能皆無で苦手だわあ・・・。まあ、分かればいいか!


>>拍手お返事
Read more "TOP絵変更"
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GIFTページにイラストを追加

2014年04月24日
あと一日・・・あと一日頑張れば・・・世界を救いに旅立てる・・・。


現実?  知るか。



あ、あと、おねだりしてみたら耳かけ様からイラストをいただきました!(゜∀゜*)ノ
アナログならではの温かさが感じられる素敵な作品です。
ありがとうございます!!

それと、さっき“アナログ”って打とうとしたら、“アナル具”ってタイピングしちゃったのは、ただの打ち間違いであって、決してリビドーが迸った結果じゃないから。そんなんじゃないから!


>>拍手お返事
Read more "GIFTページにイラストを追加"
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

男がふたり揃えば妄想が始まる

2014年04月23日
とうとう養命酒を飲む前にくしゃみが出るようになってしまいました。
あれ、これまさか条件反射的な?

ごきげんよう、名倉です。


今日、帰りの電車の中で、前に座っていた男子ふたりがやけにキャッキャしてるなあとこっそりガン見していると、急に片方が静かになって鼻をグズグズいわせはじめたと思ったら、
「なんか・・・拭くもの・・・」
と言ってもう片方の上着の裾で鼻をかもうとし、怒られてました。

なにあれ、イチャつき過ぎやろ。



>>拍手お返事

Read more "男がふたり揃えば妄想が始まる"
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

『ブチ、挨拶に行く』

2014年04月22日
耳かけ様が『やっぱりそのうちブチと挨拶に行くのかなぁ(*´∇`*)』とつぶやいたところ、我が黄金の右腕(ゴーストライター彩女様)が自動書記をしてくれたよ!

地味にSS、『Friday Fox was born』の続きになっていますので、併せて是非!

時間軸は本編終了後となっております。


「挨拶しに行かなきゃな。」
言い出したのはブチだった。
そういえば、あの時に限ってマスターは相手の事を何も言わなかった。
つまり俺はマスターの掌で転がされていた訳だ、よな。
なんかちょっと癪だけど、そのお蔭っって言えばお蔭だからしょうがないか。
「次はいつが暇?」
「来週なら金曜日かな……空いてるよな、アキ。」

「いらっしゃい。」
カウンターに座る。
「ご無沙汰してました。」
「何にする?」
「じゃあ、ブレンドとカフェオレで。」
コーヒーの香りが立ち込めて、沈黙の隙間を埋めていく。
「仲直りしたんだね。」
「…はい。」
「ありがとうございました。」
頭を下げるブチにマスターが笑う。
と、様子を見ていたのか、一人立ち上がってカウンターに寄ってくる。

「この子がキツネ君の彼氏?」
「あ、ええっと…はい。」
「こんな可愛い子がいたんじゃ、なびかない筈だよなぁ。」
カウンターにいたもう一人が相槌を打つ。
「オレ結構本気で口説いたのにさぁ、二度目は無いんだもんな。」
「ああ、そうそう。みんな二度目は断られたのってこいつのせいかよ。」
「ってことは、もうデート受け付けないの?」
「え、オレ連れて行きたいとこあったのにな。」
「惜しかったねぇ。」
常連がカウンターに一人、二人と寄ってくる。

「キツネ君が彼氏つれてきてるって!?」
パタパタと入ってきたのはカズキさんだ。
「え、なんで?」
「メール貰ったから飛んで来ちゃった。」
見回すとデートしたことのある一人が笑っているのと目が合う。
ちょっと睨んでやる。
「カズキさん、お店は?」
「タクちゃんに頼んできたから大丈夫。あ、写メってもいい?」
シャッター音。
「え、あの…」
ブチが慌てている。
「だってぇ、タツヤさん来たら見せてあげたいしぃ…いいカップルねぇ、お雛様みたいで可愛いじゃない。」
「カズキさんとタツヤさんだって、並ぶとカッコイイじゃないですか。」
「やだぁ」
って嬉しそうじゃん。
「またタクちゃんに怒られるから帰るけど…今度彼氏君連れて店に来てね。」
パタパタと帰っていく。

「相変わらずだなあ、カズキは。」
「でも、あの店ならいいだろ。」
「あそこへいくならデートじゃないよな。」
「そうそう、お目付け役がいるもんな。」
どうせからかわれているんだろうから笑って受け流す。

「おい、もう飯喰いに行こうぜ。」
ブチがぼそっと言う。
「ええっ、まだ来たばっかじゃねえ?」
「挨拶済んだし、もういいだろ。」
なんだか不機嫌だ。
「すみませんマスター、またゆっくり来ますから。」
「あ、会計を。」とブチ。
「いいよ、今日は。」
「いえ、払いますから。」
口調が硬い。マスターがクスクス笑いながらレジを開ける。
「またおいで。」
「…」
「はい。」代わりに答えて店をでる。

「なあ、飯どこで喰ってく?」
「…」
足取りが早い。
「折角出てきたんだから旨いもん食おうよ。幾つかいい店知ってるからさぁ。」
「…どうせ連れてってもらったとこだろ。」
あ、そこかよ。
「いつもんとこ飲みに行こうぜ、気取ったとこは性に合わねえよ。」
「ええ~っ」
煽ってやる。足取りはますます速くなる。
小走りに追いつくと、この街にいるのをいいことに思い切り腕にしがみついてやった。


翌日……、診療時間に遅刻した。


(作:彩女様)



>>拍手お返事
Read more "『ブチ、挨拶に行く』"
閲覧者様より | Comments(0) | Trackback(0)

GIFTページにイラストを追加

2014年04月21日
ネーブル様から素敵なイラストを頂いたのでGIFTページにUPさせていたいただきました!
ありがとうございます!(*´∀`人)
どんどん頂き物が充実していくよ~!
てか、みんなポテンシャル高過ぎワロタwww 何してる人たちだよwww



そして、またしてもあほ様から贈り物が届きました!

前にあんまりあほ様がきつねをぺろぺろし過ぎるから、私がこんなイラストを描いたところ、

ぺろぺろキツネ


なんと今回は4コマ漫画を描いてくださいましたよ!(゜∀゜)ノ


えんりょなくきつねちゃんかきました えんぴつでもうしわけないです えろいのもむりでした
なんできつねちゃんに はがたがついているのかというそういうとこを べんかいしたかったのですあほはけっして かみませんぺろっぺろしただけなのです


aho_1.gif

aho_2.gif

aho_3.gif


ありがとうございます!
サイコーです!!!(゜∀゜*)

でも通りすがりに全身くまなく舐めるだけでもダメだと思うよ。


>>拍手お返事
Read more "GIFTページにイラストを追加"
閲覧者様より | Comments(0) | Trackback(0)

Friday Fox おまけ 4~8P UP(完結)

2014年04月20日
というわけで、取りあえず『Friday Fox おまけ』はこれにて終わりです。

これで本当にFriday Fox完結ということで、ここまでお付き合いくださったみなさま、本当にありがとうございました!

ちょっと昨日今日はこれを描き上げることに専念していたので、拍手コメントのお返事と、色々閲覧者様から頂いたプレゼントなどは明日にさせていただきたいと思います。大変申し訳ない!!><

ちょっとでも楽しんでいただけたなら嬉しいです!



>>拍手お返事
(明日書きます!)
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

Friday Fox おまけ 3P UP

2014年04月18日
すっかり春の陽気に浮かれていたら、ミーティングをすっぽかしてしまいました(´д`)

いやあ、うっかりうっかり(激へこみ)



>>拍手お返事
Read more "Friday Fox おまけ 3P UP"
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

Friday Fox おまけ 1・2P UP

2014年04月17日
ごきげんよう。ミントタブレットを食べたり養命酒を飲んだりすると必ずくしゃみが出る名倉です。


お待たせいたしました。
慣れないペンタブ&ソフトを弄繰り回しながら、なんとか2Pだけ描けたのでUPします。
本当なら全部描いてから一気にUPしたかったのですが、この調子だといつになるか分からないので、できた分だけ(´д`)
ほんの数ページですが、最後までお付き合いいただければと思います。


あと、またしても閲覧様からSSをいただきましたよ!
FFのアキとブチのお話です。

いやあ、お話を完結させるとこんなご褒美がたくさん貰えるんだなあ! こりゃあこれからも頑張らざるを得ないわ(`・ω・´)
ema様、本当にありがとうございます!


(作 ema様)


その気持ちに名前をつけるなら。


「おい、ブチ。ひとんちで勝手に寝るなよ。」

口の悪さとはうらはらに、アキはそっとその手につんつんと触れた。
しかしブチはいっこうに起きる気配はない。
確かに一人で勉強に夢中になり、ブチをほっておいた自覚はある。それでもなんの文句も言わずに持ってきた写真集をブチが大人しく見ていることにも気が付いていた。
だからって寝ることないだろともアキは思った。
「お前なーここはお前のうちじゃないんだぞー」
けっと言いながらも、ベッドから毛布をおろすとそっとそれをかけた。
いつもボサボサのままつんつんと立っている髪の毛が、その拍子にさらりと落ちてきた。その髪の毛に一瞬、手を伸ばしかけてやめる。
髪の毛一束にさえ、触れることを躊躇う自分には寝込みを襲うなんてことは無理なんだろうなとぼんやりとアキは思った。
二人きりの室内で誰も見咎めるものはいない。ここでキスをしたとしても、すっかり寝ているブチは気が付かないだろうし、それはアキだけの心の秘密になるはずだ。
けれどアキは何度も何度もそのチャンスがあってもただの一度もそうしたことはなかった。
それはアキにとって心の防御だったのかもしれないし、自分への甘やかしだったのかもしれない。
友人という仮面を被っていれば、いつまでもブチの側にいられる。 それがアキの心の砦だった。

「アキ」

突然寝ていると思ったブチに名前を呼ばれて、アキは心臓が止まるかと思った。
まるでそういう対象として見ている自分を見透かされたのかと思ったからだ。
「そこは虫歯じゃないよーむにゃむにゃ」
アキは止めていた息をはぁと吐き出すと、急に脱力した。
「夢のなかでも俺、治療してんのかよ。」
ふと笑うとアキはもう一度だけ、ブチの手にそっとそっと触れた。
ぬくもりはアキの心の奥深くまで沈んでいった。


「晃恒」

名前を呼ばれてはっとすると、ブチの顔が目の前まで迫っていた。
「むー」
すぐにその唇を食まれて、返事をすることさえ出来ない。
「ずいぶん余裕じゃんか。」
ブチが薄く笑うと腰をぐっと深くした。
「ブチ」
アキがそう呼べば、尖らせた唇を指で摘ままれた。
「ブチじゃないだろ。」
出会った頃から親しんだ呼び名を、ブチはせめてしているときぐらいは変えてくれと頼んできた。
しかし長らく片想いになれてしまったアキにはそれはとても高いハードルに思えた。
「涼介・・・なんて呼ぶかよ!恥ずかしいやつだな。うぁぁ」
ブチはにこりと穏やかな笑みを浮かべると、更に激しく腰を進めてきた。
やめろやめろとわめくアキの耳元でブチは「アキ―――だ」と呟いた。
顔を赤くしたアキにはもうそれ以上抵抗することは出来なくて、ただ照れ隠しに口を尖らせた。


その気持ちに名前をつけるなら、
それは確かな友情、
それは深い信頼、
それは激しい恋慕。


いや、やっぱり愛かな。



end



>>拍手お返事
Read more "Friday Fox おまけ 1・2P UP"
閲覧者様より | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »