FC2ブログ

衝撃の事実

2015年09月30日
あと今年が3ヶ月しかない・・・だと・・・?



>>拍手お返事
Read more "衝撃の事実"
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

イラストあり | Comments(0) | Trackback(0)

リアリストとは

2015年09月29日
今朝、「合コンに参加したら会費11000円も取られた!」って激怒しながら目が覚めました。

・・・・夢ってなんだっけ?



>>拍手お返事
Read more "リアリストとは"
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

To be, or not to be

2015年09月28日
前々からオナラが独特なにおいがする時があって、脳内だけでなくとうとう内臓が腐って来たのかと絶望していたのですが、チラッとググったところ、玉ねぎ食べるとオナラが臭くなるらしいとの情報が。
思い返してみれば、どうも臭う時は、お昼のサンドイッチに玉ねぎのスライスをこれでもかと挟んでいたときのような気がします。

しかし、玉ねぎには血をサラサラにしたり血圧を抑えたりする効果があるとのこと。
玉ねぎ大好きで血圧高めの私にはもってこいの食材なのだけれども・・・。

健康を取るか、女性としt・・・ああ、死ぬほどどうでもいいな! うん、どうでもいい!




>>拍手お返事
Read more "To be, or not to be"
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

安心してくださいはいてますよ

2015年09月27日
ショタ&ケモナー大歓喜!






>>拍手お返事
Read more "安心してくださいはいてますよ"
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

乙女の朝食

2015年09月26日
ごっめ~ん、ホットケーキ作ってた~☆(ゝω・)

ホットケーキ

クックパッドでスフレホットケーキとかいうのを見て、わざわざメレンゲ作って混ぜて厚めに焼いてみたけど大失敗しましたorz
ふんわりをイメージしてたのに、さっくさくになったYO! なぜだ。



>>拍手お返事
Read more "乙女の朝食"
写真あり | Comments(2) | Trackback(0)

今私がそうであるとは言ってない

2015年09月24日
全裸ってテンション上がるな!(一般論)


>>拍手お返事
Read more "今私がそうであるとは言ってない"
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

都合のいい女

2015年09月23日
今日、同い年の同僚(男性・既婚・子あり)と喋ってて
「今度(会社の人とかとみんなで)飲みに行こう」
と誘われたので、嬉しくなって、
「いいですよ! 金土日いつでも空けとくんで」
と答えたら、しばらく私を見た後、
「・・・なんでそんなに空いてるん?」
と呟きました。


・・・・そんなのこっちが聞きたいわ(怒)




>>拍手お返事
Read more "都合のいい女"
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

流行をいち早く取り入れていくスタイル

2015年09月22日
今日、駅でこんな子を見かけた。

駅で見かけた女子


あの髪型とかメイクはどう・・・なの・・・?
・・・・いや、彼氏とイチャイチャしながら駅に入っていったから正解なのかな?



>>拍手お返事
Read more "流行をいち早く取り入れていくスタイル"
イラストあり | Comments(0) | Trackback(0)

乾いた目

2015年09月21日
今日、チベットスナギツネの存在を知った。

⇒『チベットスナギツネの人気の裏で、今被害を訴える人が続出中



友達になりたいと思った。




>>拍手お返事
Read more "乾いた目"
動画あり | Comments(0) | Trackback(0)

心身二元論における主体の在り方について

2015年09月20日
腐界の妖精王こと襟子様より2週間もかけてこんな論文が送られて来ました。


心身二元論における主体の在り方について


畢竟、眼鏡とは視力の矯正器具であるが、時としてその用をなさず、あるいはそれ以外の意味を持つことがある。
眼鏡にはいくつもの種類がある。形状はもとより、機能にも多様性が認められる。たとえば遠近両用のものは視力矯正において対近視および対遠視の機能を持つ。あるいは度入りのサングラスなども同様に多機能を有している。しかしながらそれらは比較的汎用性が高い外観をしていることが多く、一目で機能を見分けることは難しい。実際に使用してみなければそれがどのような眼鏡であるのか、断定しづらいのである。

この場合とは逆に、外観が個体の性格付けをするケースもある。使用方法が想定されるものとしては、虫眼鏡やパピヨンなどが代表例に挙げられる。また、鼻眼鏡などは特有のイメージを感じさせる。アンティークの鼻眼鏡からは、年輩の白い顎髭を蓄えた物静かな男性が連想されはしないだろうか。このように、目の前に置かれた眼鏡自体から、いかなる眼鏡掛け機が使用されるのかを想像する楽しみがあるといえる。種類だけではなく、フレームの形にもそれぞれに想起させる雰囲気というものがある。たとえば銀縁の四角い眼鏡などは真面目な勉強家、オーバル型のセルフレームは洒落者といったところだろうか。つまるところ、眼鏡掛け機の性質如何よりも、眼鏡そのもののイメージこそが価値を決定付けているのである。

ところで眼鏡を掛けている眼鏡掛け機は、一定の需要をもってこの世に存在している。有体にいえば攻めか受けかということになるが、そのニーズも様々である。真面目な社会人、気の弱い学生、あるいは軽そうに見えるが実は重いものを抱える二面性を持った優男など、眼鏡掛け機はあらゆる可能性を秘めているといえる。ひとつの展開として、眼鏡を外す、というものがある。これは眼鏡掛け機が相手に対し仮面を外す、または率直な内面を晒すことの比喩として用いられる。しかしこの場合、本質は眼鏡にあるのだろうか。あるいは眼鏡掛け機にあるのだろうか。往々にして、眼鏡を外したただの眼鏡掛け機は、極めて単純で素朴、そして弱々しい存在として描かれる。それまでの人物像が、生真面目であれ、遊び人であれ、結局は裸の自分を晒すことに不慣れな、あるいは臆病な、かわいらしい人物に統一されるのだ。眼鏡を外すことで示される相手への信頼。そこに甘えたがりな内面をにじませる。つまるところ、どのような眼鏡掛け機も、眼鏡を外せばただのひとを恋う欲求の塊だといえる。
そして逆説的に、眼鏡こそが個体の性質を決定付ける確固たる要素であり、眼鏡なくしては世に個性というものが存在しないということができる。

ここまで、眼鏡の意義について客観的事実を述べてきた。総じて言えるのは、やはり眼鏡は極めて主体的な存在で、眼鏡掛け機の上位的、支配的な立ち位置にあることを断じざるを得ない。そこで発送の転換を図る。たとえば銀縁眼鏡とフレームレスの二者について、その関係性を考察する。異論は多々あるとは思うが、ここでは前者を平凡かつややくたびれた中年男性、後者を身なりにはそれなりに気を遣うがどこかマニュアル通りとなり没個性な日々を送る三十路の青年だとする。銀縁は恋愛など遠い日の花火でしかなく、すでに一線を退いていると思い込んでいる。フレームレスは忙殺される日々に心を動かされることを忘れ、諦めることで自己を正当化している。これが人間の話であったとしたら、二者に何の物語も始まらない。しかし目の前にあるのは二個の眼鏡である。これらを試みに重ねて置いてみよう。そこには二者の物理的な接触が存在する。言い換えれば、これこそが眼鏡の抱擁、愛撫、さらには性的な交渉であり、つまりは二者が心身ともに結ばれたというわけだ。そこに眼鏡がふ
たつある。事はたったそれだけの事実で成立するのである。

これで眼鏡こそが確立した主体であり、眼鏡と眼鏡の交歓は決して眼鏡掛け機たちの色恋などではないと証明できた。なお先程例示した銀縁とフレームレスは基本的にはフレームレス攻め銀縁受けではあるが、まれに逆をプレイとして楽しむおとなの余裕を持ったリバであることは言わずもがなである。わかりやすいシンボルとしてフレームの種類を挙げたが、レンズが遠視用か近視用か、コートや特殊加工はなされているか、鼻当ての素材は何か、等々を踏まえていくと、ひとつとして同じ眼鏡は存在しない。二個、あるいはそうではない場合もあるかもしれないが、出会った眼鏡が恋に落ちる単純な構造は、ロマンの極みであり、儚くも激しいドラマを前に、たかだか人類は固唾を呑んで見守る以外にないのである。
眼鏡は本体であり、本体は眼鏡である。これを宇宙の真理と提言し、本論の結としたい。


画:襟子様
クリックで少し大きくなります(絵的に)



・・・・うん、誰か大至急腕のいい精神科医を京都に派遣願います。




>>拍手お返事
Read more "心身二元論における主体の在り方について"
閲覧者様より | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »