FC2ブログ

過剰包装

2018年09月08日
えっ…なんだろう、タコって熱を加えると縮むのかな?


げその天ぷら



>>拍手お返事
>浦姫様
 >北海道の地震と言うとなんとなく震源地が海というイメージがあったので余計に。いろいろな場所でこちらのサイトを楽しみにされている皆様が無事で、すべての人が穏やかな日常を取り戻せますように。
本当にびっくりしましたよね。未だに停電や断水が続いているところもあって、まだまだ安心できない日が続いていることかと思います。早くいつもの日常に戻りますように…。
 >名倉様!ごく稀にメロディ購読しててよかった!って勝手に奇跡感じる時がクるんですが、久々にキました!(゜ω゜)なんと日渡早紀先生がメロディに移籍?されることで、清水玲子先生との対談が!別冊の数Pなんですが、漫画家さんの対談はなかなかなく、こんなに世代的に響くお二人のということで、実はぼく地球は妹がハマってたのを一気読みしたにわかのクセにわくわくしちゃいましたw萩尾先生や竹宮先生のお名前が出るのもまた一興でしてw清水先生の恋愛モノの少女漫画描けない発言に日渡先生がそれは私たちが白泉社クラウドだからって答えるのも面白かったですが(笑)一番刺さったのは日渡先生の「切ない」って感情が好きじゃないですか?に同意する清水先生のくだり。すごくこちらのサイトの作品を思い出して、あぁ、自分は同じ匂いのするものがやっぱり好きなんだなぁとすごく納得してしまいました。切なさというワードはこちらの閲覧者様の作品に対するコメント欄でもうよく目にする気がしますが、そこなんですよね。両思いになってもやっぱり切なさってのはどっかで消えなくて、でもそれがあるからお互いをもっと大切に思えたり、それが嫉妬とか別の感情になることでお話が動いたり、そして共感したり涙してしまったりする理由も多くはその切なさのおかげだったりして…すごくキーになる感情なんだなぁって改めて思いました。(作文)
おお、そのお二人の全盛期に花とゆめっ子だった私にはめっちゃ刺さる対談ですね!
特に『ぼく地球(たま)』は全巻揃えてましたよ。本誌でも呼んで、単行本も発売日を指折り数えてましたっけ。空前の前世ブームを作った、今読んでも絶対に面白い傑作ですよね。男性にもオススメできる作品のひとつですわ。そして私のストーリーを作る際の根幹を作った作品と言っても過言ではないかと。
なので、その日渡先生から「切ない」が好きって聞くと、なんだか嬉しいですね! 私もそれをテーマにしてる部分もあったりするので。やっぱり恋愛に「切ない」がないと物足らないんですよね~、萌えないというか。
……あ、これも日渡先生の影響なのかな?(´д`)
あと、「クラウド」は「クラスタ」のことかな?



>ナポリピッツア様
 >いいんですよアレで。キスしそうでしない距離でイチャイチャしてるカップルって、自分の中の理想図に恋してるだけで進展はしませんから。公衆の面前でアレをしてるのが楽しい時期なんですねきっと。ある日突然プチーンですよ。今は心穏やかに拝んであげるのです。あ~ラ・ラ・ランドが見たい。あんだけ近づいてたら相手も顔も自分の顔も見えないからね。でも映画でもなんでも欧米人だと絵になるよね。
やっぱりキスハグは欧米の文化なところもあるんで、その国の人がやると自然ですよね。日本人がお辞儀や正座をしてるようなものなんですもの。
逆に日本人があれをやってたら、どんな美男美女でもちょっと見苦しいものを感じるかも。
でも、周りを気にせずにイチャイチャできるのは羨ましいなとも思いますよ。人生楽しそうだなあ。迷惑防止条例で逮捕されるとしても、一生に一回くらいはやってみたいなあ(´д`)
あと、その名前を目にするとお腹が空くんですけど。



>桜雅様
ああ、家族友人が北海道にいらっしゃる方も心配でたまりませんね。かと言って個人で出来る事なんてほとんどないですしね。こういうのはもどかしいですよね。
電気が止まったら携帯も使えないだろうし、そもそもそれどころじゃないでしょうしね。
落ち着いたころにでも安否の確認が取れるといいですね。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

写真あり | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 魂の叫び | HOME | 安全第一 »