FC2ブログ

初期GG構想

2018年11月08日
忘備録として。

そういや、どうでもいいことなんですが、ウチの漫画は概ねアルファベット順で作品公開しているのですが、FFの次だけはHH(仮タイトル:ワンコ)でした。
というのも、FFを描いた後にワンコをネーム状態で公開したのですが、この時に実はGGで描こうと思っていたお話があったので、流れでタイトルを募集した時に「HH」で、と付けてもらったのです。
でも、その後にあれ描いたりこれ描いたりしていて、その描こうと思っていたお話をボツにしたので、改めて3択アンケートで選ばれた『カエルと王子様』にGGのタイトルを付けたわけです。

……ということをふと思い出したので、ボツにしたGGをメモっておきますね。


『Green Garden』 もしくは 『Green Gate』

母親の離婚で東京からとある地方の山奥に引っ越してきた少年A。
突然の両親の離婚と環境の変化にショックを受け、全然溶け込めずAは頑なになるばかりだった。
そんな中親同士が知り合いということと近所で同い年ということで、主人公BがAの面倒を頼まれる。
最初は嫌なやつだなあと思っていたけれども、その家庭環境とか心情とかを思うと同情できるし、なんだかんだで素直で可愛いところもあったりするので気にかけてあげるようになった。
あるとき何気なく誘った『秘密基地』。子供が作ったにしてはかなり本格的(年上の近所の子ども達から代々受け継がれているので)で、Aもすぐ夢中になった。
その頃からふたりの仲は急激に縮まる。
もはや親友と呼べるくらいになったふたり。Aもすっかり田舎の子になって、見違えるような明るい笑顔を見せるようになっていた。
しかしある日突然Aの母親が再婚のため東京に戻ると言い、問答無用でAと引っ越して行ってしまう。別れの言葉を交わす間もなく別れたふたり。
――それから15年後。
田舎のある県庁所在地の支社で、平々凡々と働いていたB(独身・彼女なし)。
周りの友達が結婚したりしていく中、婚活や出会い系も田舎ゆえに芳しくないし、地方ゆえに給料も上がらない、若干の閉塞感を感じていたとき、東京本社からAがマネージャーとして異動してきた。
同じ会社に就職していたのも知らなかったし、まさかの同い年でマネージャーということで、最初はあのAだということが分からなかったが、話していてAだということを確信する。
だが、そのAは自分の知っているAではなく、こっちに引っ越してきた当初の頑なで嫌な感じのAに戻っていた。
仕事もできるエリートイケメンだけれど、まったく支社に馴染もうとしないA。
次第に孤立していく。
もういい大人だし、昔のことはあんまり思い出したくないのかと思ってあんまり接触しなかったBだが、Aが東京のやり方で無理に進めようとして大きな契約をダメにしかかったとき、見るに見かねて助け船を出してしまう。
「大きなお世話だ!」とBを拒絶するA。
たまりかねてBはAをほぼ拉致するように連れ出す。向かったのはあの秘密基地。
満点の星空の下でふたりはかつての関係を思い出す。


――みたいなお話でした。
この先はお決まりの、『ふたりは幸せなキスをして終わり――』になります。もちろんエロもありでしたヨw(*´ε`*)


>>拍手お返事
>11/07 21:13様
 >ぶりっこで可愛いのは無邪気が可愛い3~5歳までが限界だなって思ってたんですが、数年前にご縁があって親しくしている60~75歳までの人で、すっごく女性的というか、上目遣いおねだりが上手で、私自身、たいがいそういうのしてくるいわゆる女とか女子が生理的に受け付けないタイプだったのにその人達は、あまりにも自分とは年が離れてるからなのか若い子やお店の人がするような気持ち悪さはなくて、子供がする私可愛いアピールをもっと純粋にしたようなクセがない感じがして、少しだけ苦手克服しました。
いますいます、生まれ持ってのぶりっこというか、もう女子力の塊みたいな女性。
私は自分にまったくない要素なので、天然でも計算でも性悪(陰で他人を陥れたり傷付けたりする)じゃないぶりっこは本当に尊敬するしむしろ大好きなので、そういう人と是非ともお友達になりたいなあと思っているんですが、実際なかなかいないんですよね~これが。
猫もあれ、絶対に自分が可愛いとわかってやってると思うけど、それでも可愛いですもんねw もうこれは一種の才能なんだと思いますね。天賦の才能。
 >ひとつ前の甘酒ヨーグルトって、マッコリみたいなものですか?
あ、いや、あれ、甘酒やらヨーグルトやら作れるよっていう意味で、甘酒ヨーグルトじゃないですよw まあ、作ろうと思ったら作れる…かな?(´д`)
しかし、確かに考えようによっちゃあ、マッコリは甘酒ヨーグルトですねwww



>ゆうこ様
おお~お久しぶりです!(’∀’*)ノシ
覚えていてくださったようでとっても嬉しいです! ようこそようこそ!
普通の拍手漫画が妙にポチポチされてたのはお前かwww いや、いいぞ、もっとやれ!www
今日のひとこと、楽しんでいただけたようでよかったです! 頑張って描いた甲斐があったw
今シャルがちょっと出てくるおまけ漫画も描いてるので、よかったらまた遊びに来てくださいませね!



>桜雅様
 >隣駅まで小一時間ですか。それは通勤時には向きませんね。ではこれではどうでしょう。パス亭二個分くらい歩く。そしてバスに乗って隣駅へ行く。
いやだから田舎なめんな。そんな都合のいいバスなんかあるわけないだろ!><
つか、普通に通勤で毎日1時間以上(1万歩)歩いてるんだって。1年で3~4足くらい革靴ダメになるんだって。
 >結構シャレオツな店に行ったっぽい写真アップしているのに、そんな田舎なんですか?
逆に考えるんだ、たまにしかアップできないほどの田舎なんだと。



>ネーブル様
 >サイト9周年と聞いて!おめでとうございます! 掲示板とか拍手のコメントとか、昔からの仕組みが未だに盛況なサイトはもう稀有な存在だと思います。めざせ10周年。これからもコソッと見たり書きこんだりしに来させてください。
いやいやもう、こそっとなんておっしゃらず堂々とオナシャス!
マジでねえ、こういう形式の個人サイトってもうほとんど絶滅してんじゃないかと思うんですが、有難くもいまだにたくさんの方に来ていただけてるし、管理人がババアなもんで、これが一番落ち着くんですよね(´д`) それもこれも皆様の応援があってのことだと思います!
これからもどうぞよろしくお願いします! 目指せ10周年!!
 >…ところで、キユーピーの子会社が「キャベツライス」と、「キャベツライスdeカレー」なる商品を出したそうです(参照サイト)。これ見て、「えっ、名倉さまがオススメしてたカレーwithキャベツの千切りでは…!?」となったのでご報告に来ました。 名倉さま時代を先取りしてた!
  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

 ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄


  ( ゚д゚ ) <マ ジ か!
  .r   ヾ ガタッ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
     ̄ ̄ ̄
とうとう時代が追い付いたか!
いやもうこれね、やけっぱちとかじゃなくてマジでオススメなんですよ。私は米が食べられないから苦肉の策でキャベツにかけてみたわけですけれども、ガチで普通においしいから! 糖質制限とか意識高い系とか全然関係なく、美味しさ追求でもこれは満足できるから!
そして、ぜひもっとこれが広まって、普通のカレー屋さんでもこれが選択できるようになれば、私のような米ダメな人でもいろんなカレー屋さんに行けるのにって思ってます(´・ω・`)
しかもチャーハンとかもイケるのか…。もう食べられないと思っていたオムライスとかも食べられるかなあ。夢が広がるなあ!



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示