FC2ブログ

そして最初に戻る

2018年12月01日
今まで散々言うことを聞かずに好き勝手して私を悩ませていたくせに、いざ美容室に行く日に限って「あらワタクシ、今まで反抗したことなんてありましたかしら?」みたいなサラツヤ髪になるの、マジでなんなの?



>>拍手お返事
>11/30 04:17様
 >シャルロット様に癒されます~~~。
ありがとうございます(*´v`*)
私も描いててすごく楽しかったですw



>浦姫様
分かってるとは思いますが、神谷さんはヒロCの方ね。
ちょうどハチクロ2のアフレコ中にバイク事故で意識不明になったもので、最終回は主人公の竹本君は代役の方がやったんですよ。それからバイク禁止になって(声優業界全体に広まったくらい影響があったらしい)、今はもっぱら車で移動してるとか言ってました。後遺症なく仕事で来てるのが奇跡なくらいな事故だったっぽいですよ。
パイクはかっこいいし憧れる人もおおいでしょうけど、事故ったときの被害がシャレにならないですからね。家庭を持ったら旦那さんはまずバイクを売らされますよね。
>おのゆーさんは別の声優さんと絡んでも、大体突っ込みや 
 >(゜д゜)…ナ…ナニ?!突っ込みやなんなの><名倉様><キニナルwww

ハッ!Σ(゜Д゜*) 書き途中だったwww
『大体突っ込み役に回ってますからね』って言いたかったんですw フリーダムな方や天然ボケの方が多い中、すっごい振り回されて苦労してるっぽかったのでw
 >恥ずかしい体位…ちんぐり返し…?的な…なんかこう…(貧困)描くの死にそうですねwww文章でも説明がむずかしそうだwww説明説明し過ぎても萎えるでしょうしwww
確かに文章でご丁寧に説明しようとしたらちょっと間抜けな感じになるかも知れませんねwww そう考えるとエロいエロ小説ってかなりの技量がいるんだなってしみじみ思いますね。
 >アキはそゆ時ぶちキレるんですかwてっきり涙目で喜ぶ方かとwwwそんなアキ見て燃えてるブチの顔とかたぶん好きです(ごちそう様です(合掌))CCはヤターベにそんな甲斐性?テク?はなさそうですしw(ストレート一本槍!)DDもイッチーはそんな無体させられないとか大人ぶりそうですもんねwwwGGはやばいやばいw若さほとばしるからレイシんじゃうよwwwww
いや~、アキはブチ切れるでしょw で、そのブチ切れてる様子ブチはも「かわいいなあ」って思ってるようなw
CCはご想像の通り矢田部がドノーマルなんで、あんまり変わったことはしなさそう。で、それに耐えかねて白崎が仕掛けたりね(電車の中でちょっとエロい触り方したりw で、矢田部が顔真っ赤で「やめろよ!」みたいなw)
DD、GGは年上組がたしなめそうですよね。けど、言うほどレイはおじさんじゃないぞ?w
 >百歩譲って(いやどこを譲ってるのかはよくわかりませんが)BLじゃなくて健全全年齢向けの少年少女作品だったとしたって、自分が書いたって堂々と作品教えられる人っています???その自信を分けて売って欲しいですよ全く(#`3´)読んで欲しいから公開するわけですが、生身の自分と繋がるとなるとまた別問題じゃないです?(趣味だし)リアルで作品見せられたのなんてよっぽど信用してる友人一人くらいですよ…orz
私も、私が漫画描いてるっていうのを知ってるのは学生時代からの友人で何人かいますけど、BL描いてるって知ってる人はサイトを通じて知り合った人以外はいないですねw 口が裂けても絶対に言うつもりないし。
そして同じく健全作品だったとしても、どんだけ仲良くなった友人ですら「読んで」とは言えないですね~。
そういう意味では、学生のころにそういうクラブや同好会に入ってて、情報交換したり、本作ったり、コミケとかに行ったり、リアルでそう言い合える友人がいるっていうのはすごく憧れますね。あ~あ、なんか変な意地張らずに、素直に漫研とかに入っとけばよかった(´・ω・`)
だから、今こうやってインターネット時代になって、漫画家にならなくても自分の作品が見て貰えて、しかも感想を貰えるっていうのがすごく嬉しかったりするんですよね。だってサイト作るまで、誰にも見てもらえない漫画をずっとたった独りで描いてた完全に頭おかしい人だったんですもん。



>桜雅様
 >前攻めの白バイ隊員、後ろ攻めの救急隊員・・・・・って意味ですか? その間には童顔かわいこポリスメンが入るんですかね(真顔)。
いや、車を運転してて右折待ちしてる時に、対向車が途切れたんだけど、どこからともなく救急車の音が聞こえてきて、だけど目の前には白バイがいて、これ右折していいの? けど、ここでなんかおかしなことして進路妨害とかになったら即逮捕じゃん! ってパニックになったんですよ。
しかし白バイ隊員も救急隊員もなんかすごく性欲強そうですよねw



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示